丸栄運輸機工株式会社

倉庫管理と在庫管理の違い

倉庫管理と在庫管理の違い

倉庫管理と在庫管理の違い

倉庫管理

倉庫内の業務を効率的に行うように管理すること

在庫管理

商品、部品などを適正な量に管理すること

 

倉庫管理と在庫管理の違いは大きく分けて「管理対象」と「目的」があります。

倉庫管理の管理対象は倉庫内に限られていますが、在庫管理は倉庫外の管理も含みます。工場や倉庫、店舗など在庫を持つ全ての場所が対象になります。

倉庫管理の目的は倉庫内の設備や人員の管理を行い、業務の効率化を図ることです。人為的ミスや誤出荷を防ぎ、サービスの品質を保ちます。在庫管理の目的は在庫データの管理を行い在庫量の調整をし、利益を最大限に引き上げることです。

WMS(倉庫管理システム)とは

WMS(倉庫管理システム)とは倉庫内の入出庫管理、在庫管理などを一元管理するシステムのことです。似たものとして、正確な在庫情報をシステムで把握、管理する在庫管理システムがありますが、WMSは倉庫内業務の効率化をメインとしたシステムです。

WMSを導入することで在庫管理を正確に行うことができたり、人の手で行っていたことをシステム化することで、ミスや手間が減ったり、迅速に作業することができます。また、バーコードリーダーを使った作業のため、作業員の経験年数に係わらず、誰でも同じようにできるようになります。

物流の倉庫管理方法とは

物流の倉庫管理方法は大きく分けて「入庫」「出庫」「在庫管理」があります。

入庫では倉庫に届いた商品や部品、資材などを荷卸し、現物と納品書などの伝票と合っているか確認をします。その後、保管場所へ移動します。

出庫では商品や資材、部品を倉庫から取り出し、梱包をして伝票を貼り付け、お客様へお届けします。

在庫管理では倉庫内にある在庫を把握し、最適な状態、量になるように調整します。在庫管理が倉庫内作業の主な業務になります。倉庫管理のコストを削減するためにも重要な業務になります。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、台帳を用いた在庫管理を行っております。

部品の入庫時、伝票と品物が合っているか検品し、出庫時は必要な量を必要なタイミングで供給しております。お客様のご要望時期、頻度に合わせて、実在庫数とデータ上の在庫数が合っているか確認いたします。

倉庫管理としては業務の標準化に力を入れて取り組んでおります。誰でも同じようなサービスを提供できるようマニュアル作成や業務改善に取り組んでおります。

ページトップ