丸栄運輸機工株式会社

倉庫管理のコストを削減するための3つのポイント

倉庫管理のコストを削減するための3つのポイント

適正在庫の維持

在庫が少なく欠品が発生すると販売機会を損失してしまいます。逆に在庫を過剰に保有するとその分の保管スペースが増え、人員や倉庫内作業も増加して余計なコストがかかってしまいます。適正在庫を維持することで必要最小限の保管スペースだけでよくなり無駄な作業や人件費などのコストを削減することができます。

倉庫内作業の効率化

倉庫内作業を効率化することで人件費を削減することができます。

倉庫内作業のマニュアル化、業務の標準化を行い、作業員が同じように作業することができるようになればミスは少なくなります。また、倉庫内の整理整頓を行うことで保管スペースを確保でき、効率的に保管することができます。誰でも分かる場所に保管することで探し回る時間が削減できます。

システムの導入でコストを削減する方法も有効です。バーコードを用いて入出庫数のカウントを行えば、正確で迅速な作業を行うことができるようになります。

外注やアウトソーシングの利用

倉庫管理のノウハウがない、人手が足りないという場合は外注やアウトソーシングが有効です。

新たに自社倉庫を建てたり、人手を増やしたりするのはコストも時間もかかってしまいます。外注やアウトソーシングで物流のプロに任せれば倉庫業務以外の営業や販売などの業務に集中でき、新たに人手を増やす必要もありません。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、倉庫内作業を効率よくするために作業のマニュアル化や標準化に取り組んでおります。動画を用いたマニュアルや業務のローテーションで、誰でも均一のサービスを提供できるようにしています。

丸栄運輸機工は、お客様の外注先としてご利用頂いております。自社に保管できるスペースがない、倉庫管理に時間を使いたくないという方は是非お問い合わせください。

ページトップ