丸栄運輸機工株式会社

在庫管理

在庫管理

在庫管理とは

在庫管理とは商品、部品などを適正な量に管理することです。商品や部品の入庫数、出庫数から在庫数の把握をしたり、異品や返品などがあった際の在庫調整などを行います。

在庫とは、まだ現金化されずに保管されている商品や製造前の部品などを指します。企業にとって在庫は大切な資産になるため、企業は在庫管理を重要視しています。

在庫管理の目的

在庫管理の目的は在庫データの管理を行い在庫量の調整をし、利益を最大限に引き上げることです。適正な在庫量を維持することで欠品による機会損失のリスクを防いだり、過剰な在庫を持つことで増えるコストを削減したりします。

在庫管理のポイント

在庫管理のポイントは「倉庫内の整理・整頓」と「定期的な棚卸」です。

倉庫内の整理・整頓

倉庫内が整然としていれば必要なものをすぐに探し出すことが出来ます。古くなった商品や、使用期限が切れた部品などが残っていると、余分なスペースが取られ、コストもかかってしまいます。保管場所を決め、決められたところに決められたものを置くことで、効率的に作業を行うことが出来ます。

定期的な棚卸

倉庫内の商品・部品の数量を正しく管理していると思っていても、返品や仕損などで実際の数量とデータ上の数量が異なることがあります。定期的に棚卸を行い、実際の数量とデータ上の数量を合わせることでより正確な在庫管理を行うことが出来ます。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、倉庫内の整理整頓を行っています。

作業に必要なものだけを倉庫に残し、作業しやすい環境づくりに取り組んでおります。現在、約1,480種類の部品をお預かりしており、定位置を決めて保管しています。作業効率をよくするため、定期的に保管場所の変更を計画し、整頓を実施しています。

また、お客様のご希望に合わせて年1回、月1回の頻度で棚卸を実施しています。

ページトップ