丸栄運輸機工株式会社

工作機械のレトロフィットとは

工作機械のレトロフィットとは

レトロフィットとは

レトロフィットとは、既存の劣化した機械を修理、精度や機能を新品同様に復元し、新しい機能を追加させることを指します。

修理部品の製造終了や、製造メーカーの廃業等により修理やメンテナンスが難しくなってしまった機械もレトロフィットで復元することができます。
また、既存の機械にはない新機能を追加させ、古い機械を最新鋭機に変えることができます。

似たような言葉で「オーバーホール」がありますが、オーバーホールは点検やメンテナンスをして機械の寿命を延ばすことです。
詳しくは用語辞典のオーバーホールをご覧下さい。

メリット

自動化、省力化などお客様の生産工程に合わせて最新の機能を追加することで、精度や生産性を向上させることができます。

使い慣れた機械のため、操作やメンテナンスがしやすくスムーズな作業を行うことができます。

新品の機械を購入するよりもコストを安く抑えることができます。

省エネやリサイクルなど環境への配慮にもなります。

デメリット

劣化した機械を修理し、精度の復元や新機能の追加をすることでコストがかかってしまう場合がございます。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、修理やオーバーホールの域にとどまらず、制御装置や主軸モータの更新、部品、配線、配管の入れ替え等により、既存設備の加工速度、精度を使用目的に合せ大幅に向上させる事が可能となります。

また、必要に応じて配線から設計し直すオーダーメードでの改造・修理も承ります。

詳しくはサービス紹介の機械改造レトロフィットサービスをご覧ください。

対応サービス

ページトップ