丸栄運輸機工株式会社

オーバーホール

オーバーホール

オーバーホールとは

オーバーホールとは、機械の健康診断、メンテナンスのことを指します。

機械や装置類を一つ一つの部品にまで分解・点検し、精度を回復するために必要な洗浄や修理、部品交換などの処置を行うことで新品同様の性能状態まで元に戻すことができます。分解、洗浄、修理・交換、注油、組立、調整という手順で行います。

オーバーホールを行うことで故障の可能性を低減し、機械設備の停止をメンテナンス時のみに抑えることができ、常に効率的な運転を維持することができます。

メリット

既存の設備を新しい設備と入れ替えるよりコストを抑えることができます。
現在、製造販売していない一点物の機械でも修理、メンテナンスを行うことで性能や安全性、精度なども設備購入時まで元に戻すことが可能です。

デメリット

修理部品の製造終了や、製造メーカーの廃業等により購入できない部品などあり場所によってはコストと時間がかかってしまいます。
また、修理する場所を確認するために設備を全てばらす必要があるため時間がかかります。
中には状況や程度によって全て修理できない場合がございます。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、部品の摩耗や老朽化によって精度が落ちてしまった機械や不具合が頻繁に起きて生産に大きな支障をきたすようになった機械、油漏れなどで動作に支障が出てしまった機械を分解、メンテナンスを行うことで、限りなく稼働初期の精度、性能が出せるように復元することが可能となります。

お客様にとって大切な機械をより長く使用できるようニーズに合わせてサポートさせて頂きます。

「機械設計製作修理」に関連する記事

ページトップ