丸栄運輸機工株式会社

マシニングセンタ(MC)とは

マシニングセンタ(MC)とは

マシニングセンタ(MC)とは

マシニングセンタ(MC)とは、自動工具交換装置(ATC)を装備したNC工作機械です。
フライス削り、中ぐり、穴あけ、リーマ通しなど多種類の加工を行える点はNC工作機械と同じですが、工具を自動で交換してくれるので複数の加工を連続で行えます。そのため、各工程ごとに作業者が工具を交換する時間が省けるため生産性が高いという特徴があります。一般的にマシニングセンタはプログラムを組んでしまえば機械が自動で加工を行なってくれる為ラインで導入されることが多くなっています。

マシニングセンタの種類と特徴

マシニングセンタの種類には、「横型マシニングセンタ」、「立型マシニングセンタ」、「門型マシニングセンタ」といったものがあり、その用途に応じて使用することで生産効率の飛躍的な向上が期待できます。

  • 横型マシニングセンタ
    高い加工精度が実現できるため、精密部品加工を大量生産したい場合に効果的
  • 立型マシニングセンタ
    加工箇所が多い金型ような多品種小ロットの製品に適している
  • 門型マシニングセンタ
    大型の製品を加工するのに適している

マシニングセンタの構成

マシニングセンタの大まかな構成は以下のとおりです。

  • NC装置
    Numerically Controlled Machine Toolsのこと。自動制御装置で、加工品にあわせて工具を配置します。
  • ATC
    Automatic Tool Changerの略。工具のセットや必要に応じた工具の交換を行う部分。
  • 工具マガジン
    ATCで使用する工具を収納するための装置。収納できる工具の数は30~40本。マガジンは追加可能。
  • 中間アーム
    工具マガジンに収納されている工具を取り出す部分。
  • 主軸(スピンドル)
    取り付けた工具を、回転運動させる装置。主軸の回転数は、近年高速化が進んでいます。
  • ベッド
    ベッドはマシニングセンタの基盤部分で、底辺を支える役割。
  • コラム
    ベッドから垂直に伸びる柱のこと。マシニングセンタの種類によっては、コラムとベッドが一体化していることも。
  • インデックステーブル
    角度の割り出しができるテーブル。角度を設定することができ、これで4軸・5軸加工といった複雑な加工も可能。
  • 切削油タンク
    加工時に使用する切削油を入れておくタンク。切削油はポンプで加工部分まで送られる。

マシニングセンタ構成

メリット・デメリット

マシニングセンタ(MC)のメリットは、一度プログラムを入力すればあとは機械が加工を行ってくれるので、安定した品質で量産が可能です。

マシニングセンタのデメリットは、一か所しか加工しない場合でも、プログラムを作る時間分のコストが必要な点です。加工の工程が多いほど時間が掛かるため加工金額が上がります。

3軸・4軸・5軸マシニングセンタの違いとメリット

マシニングセンタには3軸・4軸・5軸という3つの種類があります。
軸の数によって、できる加工の幅が変わります。

3軸マシニングセンタ

3軸とは、X・Y・Z軸の3つのことです。3軸マシニングセンタは工具の回転を手で操作する必要があります。
時間・コスト・品質(精度)の面では4軸・5軸に比べると劣りますが、平面削りや溝加工などの単純な加工の場合は、3軸のほうが精度を高められます。

4軸マシニングセンタ

X・Y・Z軸の3軸に回転軸が加わったものが4軸マシニングセンタです。
3軸マシニングセンタと違い、回転もプログラムによって設定できるため、より複雑で精度の高い加工ができます。

5軸マシニングセンタ

上記の4軸に傾斜軸が加わったものが5軸マシニングセンタです。
X・Y・Z軸はもちろん、これまでは手作業による調整が必要だった回転や傾斜も機械で制御できるようになり、一度セッティングをすればその後の手作業が不要になりました。さらに作業に必要だった専用の設備や器具も不要になり、短期間&低コストによる高精度な加工できます。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では製作する機械は一点物であり部品も毎回異なるので部品ごとにプログラムを組んで加工しています。複雑な形状の加工もでき、ミクロン単位で工具の移動量を制御できるので製作する多くの部品は立型マシニングセンターで加工しています。また、横中ぐり盤というマシニングセンターの一つである工作機械も保有しており、大きな部品の加工などにも対応することが可能です。
詳しくはこちらの機械設計製作設備をご覧ください。

対応サービス

ページトップ