丸栄運輸機工株式会社

セルフローダー

セルフローダー

セルフローダーとは

セルフローダーとは、トラックの荷台が傾斜し重機、車両が載せやすい車両のことです。

セルフローダーと呼んでいますが、実は、製品名が一般名詞として定着したものなんです!
正式には「ハイジャッキセルフ」といいます。

荷台の後部にあゆみ板と呼ばれる板を装着することで、地面から直接積み降ろしできます。
重機や車両を運ぶのがメインで、セルフローダーは中~大型トラックがベースとなっています。

セルフローダーと似たような言葉でセーフティローダーがあります。セルフローダーとセーフティーローダーの違いは車両の積載方法です。

セーフティーローダーは、荷台をスライドして傾斜させることで、車両を載せることができます。
傾斜角度はセーフティーローダーの方が緩やかなため、セルフローダーに比べて安全に積み下ろしができるということから、セーフティーローダーと呼ばれています。

セルフローダーの特徴

セルフローダーは、荷台とキャビンの間、左右前輪の後方に太いジャッキのようなものがあります。
この部分を最大限に伸ばすとトラックの前方が持ち上がり、後方が地面に近づくように傾斜するため、車両を載せることができます。

必要な免許・資格

特にありません。
トラックの運転には大型免許が必要ですが、セルフローダーの荷台の操作には免許や資格はありません。

操作の注意点

セルフローダーの荷台操作に免許や資格が必要ないとはいえ、操作時には安全確認が必須です。
1、荷台のあおりが閉じられ、しっかり固定されているか
2、地面と設置する箇所が安定しているか
3、荷台に荷物がある場合はきちんと固定してあるか
など、確認が必要です。

メリット・デメリット

セルフローダーをのメリットは、フォークリフトを積込むためのクレーン等が不要となり、積み降ろし・運搬をスムーズに行えます。
クレーン等が不要となることで、積み降ろし・運搬のコストを抑えることも可能となります。

セルフローダーのデメリットは、荷台の後部にあゆみ板を設置するため広い作業エリアが必要となります。
また、セルフローダーは架装部分の重さがあるため、積載できるフォークリフトが8tまでとなります。
(8tを超える大型のフォークリフトは、トレーラでの運搬となります。)

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、セルフローダーを使用しフォークリフトの運搬(8tまで)を行います。フォークリフトにかかる積み降ろし・運搬のコストを削減し、作業を行うことができます。
8tを超えるフォークリフトには、トレーラで運搬に対応いたします。

過去にはお客様の工場から成型機を搬出する際、設備がなくフォークリフト作業もできない状況でした。その際セルフローダーを使用し搬出作業を行いました。 フォークリフト以外での搬出作業も承りますので、どのような搬出作業が適しているかというご相談もお気軽にお問い合わせください。

対応サービス

ページトップ