丸栄運輸機工株式会社

トレーラーにはどのような種類がありますか

トレーラーの種類を紹介する前に、トレーラーは後ろの荷台(牽引される方)を指します。前のトラック(牽引する方)はトラクターと呼びます。

低床トレーラー

トレーラーの種類には、大きく分けてセミトレーラーとフルトレーラーがあります。一般的に「トレーラー」と呼ばれているものは、トラクター+セミトレーラーを指す場合が多いです(上記写真参照)。

セミトレーラーは、タイヤが後輪にしかなく、自立・自走することができません。
許可されている車両長(トラクターと連結時)は16.5m(特殊車両の許可があると18m)です。
フルトレーラーは、タイヤが前後にあり、自立することはできますが、エンジンがついていないため自走することはできません。
許可されている車両長(トレーラーと連結時)は25mです。

丸栄運輸機工では、セミトレーラーを保有しています。
低床、超低床のトレーラーがあるため、背の高い荷物を積むことができます。
荷物の重さや形状に合わせて、トレーラーを選びます。
トレーラーを利用する基準は、大型トラックの積載寸法、積載重量を超えるもの、となっています。

大きい(背の高い)荷物、重い荷物を運ぶことができるのがトレーラーのメリットですが、逆に背が高すぎたり重量が重すぎたりして通行できない道路があるというデメリットもあります。


通れる道路を選定したり、特殊車両通行許可申請を行ったり、当社では安全に運送できるよう事前の対応もしっかり行います。
・特車申請についてはこちらをご覧ください

    ページトップ