丸栄運輸機工株式会社

富山から佐渡島へ銅像の据付作業

富山県のメーカーで製造された巨大な銅像を佐渡島へ輸送し、据付を行った事例です。銅像は台座も含めると高さが30mにもなる大きさでしたが、トラックに積み込みが出来るようメーカーと綿密な打ち合わせで12分割して輸送しました。現地作業でも120tレッカーを使用して組付けを行いましたが、熟練の技術が必要とされるとても難しい作業でした。

富山から佐渡島へ銅像の据付作業

佐渡島銅像

■担当者コメント

日蓮像は、台を含めて高さ30mもある巨大な銅像。まず、トラックへの積み込みに際し、メーカーサイドとの打ち合わせで、12分割することに決定しました。
現地作業では、120tのレッカーで一つ一つ玉掛けをし、パーツごとに組付け作業を実施。パーツは様々な形状をしており、さらに組付け位置も決まっているため、安定よく角度を保ちながら吊るためには、熟練の技術が必要とされました。さらに、地上より高くなるにつれて、風の影響も大きく、非常に苦労したことも印象に残っています。

佐渡島銅像
関連するサービス:重量物、生産設備運送据付サービス
ページトップ