丸栄運輸機工株式会社

ロボットティーチングで削減できる工数とは

ロボットティーチングで削減できる工数とは

ロボットティーチングとは

ロボットティーチングとは、ロボットを意図した動作をするようにプログラムを作成することをロボットティーチングまたは教示といいます。製造工場や食品工場といった産業の自動化に産業用ロボットが多く用いられています。具体的には自動車部品や家電の組立、溶接、塗装等を行っており、生産ラインにおいてその力を発揮します。ティーチングは産業用ロボットを導入する上で必要不可欠な工程となります。産業用ロボットを導入することにより、今までは人の手によって行っていた作業を、ロボットが正確にかつ時間通りに作業を行うことで従来の作業工数を大きく削減することができます。

ロボットティーチングの重要性

ロボットティーチングの重要性 としては、産業用ロボットを導入することで製造現場が抱える人材不足生産性向上といった、多くの課題を解決してくれることです。一度プログラムを組むとそのプログラムに沿ってでき、労働時間に縛られず作業し続けてくれることで作業工数を削減できます。また、人間が指示した通りに動いてくれ、単純作業では人間よりも正確に作業を行ってくれます。

ティーチングマンを教育するためには

ロボットティーチングのティーチングマンを教育するためには、時間がかかり数年の現場経験を要するので、育成の手間と人件費がかかります。産業用ロボットに関わる作業をするには資格が必要となり、従事者は特別な教育をしなけなければいけません。安全に扱うための法律と規格が定められています。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では生産ラインに導入する機械を主に製作しておりロボットを用いることも多いので、ティーチング技術者が在籍しています。また、ティーチング技術者を教育するために毎月社内で講習を行っています。

ページトップ