丸栄運輸機工株式会社

テーパー加工

テーパー加工

テーパー加工とは

 テーパー加工とは細長い構造物の径・幅・厚みなどが、先細りになっている構造物を円錐状に先細りに加工することです。 この加工は主に旋盤で行い、切削工具を保持する刃物台の角度を調整し、加工物を斜めに旋削していきます。スピンドルやシャフトといった軸回転部品とギア、プーリといった歯車、滑車部品を接続する際にテーパー嵌合をする場合があります。高い精度が要求されるときにテーパー嵌合が採用されます。

メリット

テーパー加工のメリットは、テーパー嵌め合いにすると軸ブレを低減することができ、それにより 不必要な音や振動を抑制することができます。

デメリット

テーパー加工のデメリットは、要求精度が高い箇所に使用されることが多く、 加工にも高い精度が必要となります。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では導水管の先端にノズルをつけ回転させるとき、ノズルが振れないように芯を出したいときやがたをなくしたいときにテーパー加工をした部品を使用します。また、スピンドル軸のプーリのテーパー加工を行った実績があります。

「機械設計製作修理」に関連する記事

ページトップ