丸栄運輸機工株式会社

チップコンベアとは

チップコンベアとは

チップコンベアとは

チップコンベアとはマシニングセンター等で工作物を削り、その際に発生した切り屑をベッドやテーブルなど構造部品に触れない場所へ排出するものです。切り屑の中には熱を持った切り屑もあります。チップコンベアを使用することで切り屑を人の手や構造部品に触れず安全に運搬できます。

メリット

チップコンベアの導入により、切りくずの清掃時間が大幅に削減され、お客様の大切な製品も綺麗な環境で常にお取り扱いできます。

デメリット

加工機本体が故障していなくても、チップコンベアが故障・トラブル発生すると、機械を稼働できなくなります。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工ではマシニングセンターでの加工で切削物から出た切り屑の運搬などに実装しています。大量に切り屑が出る為、清掃時間の大幅な短縮に繋がっています。 丸栄にあるチップコンベアは戦国時代の鎧や戦車のキャタピラのような構造になっており、つなぎ合わせた鋼板を移動させて切りくずを運搬するヒンジ式を採用しており、ヒンジ式は切りくずを鋼板の上に乗せて運ぶため、工作物の材質や切りくずの状態に関係なく効率よく運搬できることができます。
当社のマシニングセンター等の設備に関しては、詳しくはこちらの機械設計製作設備をご覧ください。

「機械設計製作修理」に関連する記事

ページトップ