丸栄運輸機工株式会社

ボーリング加工とは

ボーリング加工とは

ボーリング加工とは

ボーリング加工とは、すでにあけられている穴を広げる加工方法のことです。主にフライス盤等にボーリングバーを取り付けて行われます。エンドミルを用いた円弧の加工に比べ、バックラッシュが発生せず真円度が出しやすいという特徴があり、リーマによる加工に比べ穴寸法の調整がしやすい為精密な穴加工が可能となります。

メリット

ミーリング加工であれば、送りネジの遊撃(隙間)による寸法のズレが出てしまいますが、ボーリング加工であればズレが生じないため、精密な穴加工をしたい時におススメです。

デメリット

精度・表面の滑らかさを要求される品物は、加工時間が長くなる為、コストが掛かり、お見積り金額が上がります。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、ボーリング加工を用いた機械部品の加工、穴径の調整を行なっています。様々な穴径に対応できるよう多種のボーリングバーを所有しているため、精度が求められる軸穴や、エンドミルでは深すぎて届かない公差のある軸穴などを筆頭に精密な加工を行うことが可能です。また丸栄運輸機工がお客様から承っている修理、部品製作依頼等においてもその必要に応じてボーリング加工を用いた作業をご提案させていただいています。

「機械設計製作修理」に関連する記事

ページトップ