丸栄運輸機工株式会社

キサゲ加工

キサゲ加工

キサゲ加工とは

キサゲ加工とは、金属加工の一種です。

工作機械のベッドのようなすべり移動を行う金属平面の摩擦抵抗を減らす目的で製造時の仕上げ工程で施される、微小な窪みを付ける加工のことを指します。

キサゲ加工面

 

キサゲ加工の特徴と工作機械

キサゲ加工の表面には「アタリ」と呼ばれる小さく浅いミゾが分布し、これが油だまりとなり、すべり面潤滑が良くなり一層の摺動性能の向上になります。

鈍角で幅広の刃先を持つ工具(スクレパーまたは工具自体をキサゲということもある)を使って、人が金属表面を削って平らにしていくがミクロン単位での精度が求められる為、機械の加工ではなく一台、一台、人の手によって加工します。
キサゲ加工中

高精度の加工が必要とされる工作機械には、キサゲ加工が不可欠になるので、このキサゲ加工が不十分だと、可動部との摺動面に摩擦熱が発生し、機械の歪みにつながります。

 

メリット

メリットは、キサゲ加工を行うことで摺動面にたまった油が可動部と摺動面の摩擦熱を抑え、機械のゆがみを防ぎ精度を長く維持することができます。
機械では得られない高い精度の平面、直角を出すことができます。

 

デメリット

デメリットは、全て手作業になってしまうので仕上がりまでお時間を頂く場合がございます。
焼入れが施されて硬度が高まっている金属面に関しては、キサゲ加工が出来ない場合があります。

キサゲ加工の工程

キサゲ加工の工程は、赤アタリでのキサゲ加工と黒アタリでのキサゲ加工といった2段階での加工を行います。

 

赤アタリでのキサゲ加工

①定盤の表面に塗料を塗り、薄くのばす
②キサゲしたいものを摺り合わせる
③塗料がついた部分を削り取る
④求める精度が出るまで①~③を数回繰り返す

赤アタリでのキサゲ加工 ①定盤の表面に塗料を塗る ②キサゲしたいものを摺り合わせる ③塗料がついた部分を削り取る

 

黒アタリでのキサゲ加工

①キサゲしたいものの表面に塗料を塗り、薄くのばす
②基準となる定盤と摺り合わせる
③塗料が取れた部分(アタリ)は出っ張っているのでその部分を重点的に削り取る
④求める精度が出るまで①~③を数回繰り返す

黒アタリでのキサゲ加工 ①キサゲしたいものの表面に塗料を塗る ②基準となる定盤と摺り合わせる ③塗料が取れた部分を削り取る

 

キサゲの仕上げ面(うろこ模様)

仕上げ面には、工具の種類や作業者ごとにさまざまな「うろこ模様」がでます。
うろこは1ミクロンほどの溝で、うろこの数が多いほど精密な平面になります。
完全な平面では、金属同士がくっついて離れにくくしてしまう「リンギング」とよばれる現象が起こるため、適度な密着面になるようアタリの濃淡を調整し、くぼみをつけます。

 

3面摺り合わせについて

定盤には高い平面度が必要であり、これもキサゲによって作り出されます。3枚の定盤を使う3面摺り合わせという方法で行います。2枚だと平面度が出ていなくても一致してしまう可能性があります。これを防ぐために3枚用意し、それぞれ組み合わせを変えて摺り合わせをします。
組み合わせを変えながら摺り合わせを繰り返し、やがて3枚のどれを組み合わせてもアタリがなくなった場合、3枚とも真に平面な状態だと言えます。この方法は金属だけでなく、石定盤に対しても同じ考え方で行われます。

キサゲ作業はどんな部品・箇所に行われる?

キサゲ作業は、物と物が接触する箇所と摺動部で行います。
キサゲ加工が行われている箇所は
摺動面
ベアリングケースなどの取付面
部品としては
平行度が必要な部品
直角度が必要な部品
にキサゲ加工を行います。

 

キサゲ加工で使われる工具の種類

キサゲ工具には、キサゲの目的にあわせてさまざまな種類があります。
材質には、焼入れされたハイス(高速度工具鋼)や超硬などが使われます。
スクレーパーキサゲ加工のもっとも代表的な工具、平面加工で使われるキサゲ
ささばキサゲ内面・端面加工で使われるキサゲ

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、お客様から「摺動面の滑りが悪く加工精度が出ない」といったご依頼をいただいた際にキサゲ作業をご提案させて頂いております。

オーバーホールの為に当社でお預かりした際に仕上げとしてキサゲ加工を行うことが多いですが、機械の種類や稼働状況によっては当社でお預かりできない機械もあります。そのような場合には、お客様の工場内でキサゲ加工をさせて頂くことも可能となります。

キサゲ加工時はキサゲ加工専用のスクレーパーと光明丹(こうみょうたん)を使用してキサゲ加工を行っております。

    ページトップ