丸栄運輸機工株式会社

キサゲ加工

キサゲ加工

キサゲ加工とは、金属加工の一種です。

工作機械のベッドのようなすべり移動を行う金属平面の摩擦抵抗を減らす目的で製造時の仕上げ工程で施される、微小な窪みを付ける加工のことを指します。

キサゲ加工の表面には「アタリ」と呼ばれる小さく浅いミゾが分布し、これが油だまりとなり、すべり面潤滑が良くなり一層の摺動性能の向上になります。

鈍角で幅広の刃先を持つ工具(スクレパーまたは工具自体をキサゲということもある)を使って、人が金属表面を削って平らにしていくがミクロン単位での精度が求められる為、機械の加工ではなく一台、一台、人の手によって加工します。

高精度の加工が必要とされる工業機械には、キサゲ加工が不可欠になるので、このキサゲ加工が不十分だと、可動部との摺動面に摩擦熱が発生し、機械の歪みにつながります。

丸栄では・・・

丸栄運輸機工では、お客様から「摺動面の滑りが悪く加工精度が出ない」といったご依頼をいただいた際にキサゲ作業をご提案させて頂いております。

オーバーホールの為に当社でお預かりした際に仕上げとしてキサゲ加工を行うことが多いですが、機械の種類や稼働状況によっては当社でお預かりできない機械もあります。そのような場合には、お客様の工場内ででキサゲ加工をさせて頂くことも可能となります。

キサゲ加工時はキサゲ加工専用のスクレーパーと光明丹(こうみょうたん)を使用してキサゲ加工を行っております。

ページトップ