事例紹介

事例紹介一覧へ

機械設計製作

自動車用部品の複合検査装置

■機能・特長
・自動車用部品のワーク形状、表面処理の検査
・画像検査用カメラ(CCD)11台使用
・サイクルタイム=1個/1.5秒以内
・サイズ=W1830mm、D2145mm、H1850mm
■製作期間
・設計:1.5ヶ月
・製作:2ヶ月

★精度、スピードを兼ね備え、省人化を達成した特殊装置

この装置を導入する前は、人間の目視による検査を行っており、1個の部品の検査を終えるのに約10秒程度の時間を必要とし、精度確保に多大な労力を要していました。そこで、なんとかこの問題を解決したいというニーズが浮上し、高精度、生産性向上、省人化の3つを兼ね備えた装置の導入が急務となったのです。
今回の装置では、CCDカメラを11台設置し、サイクルタイムを6分の1に抑え、検査精度の標準化、作業員の省人化を達成しています。また、お客様からの要望である、日勤時間内で3万個の生産という目標もクリアできる装置に仕上げることが出来ました。

★最新技術の導入による高性能装置の実現

 

この装置には、お客様が求める性能を実現する為、制御装置にオムロン製の最新型プログラマブルコントローラー「NJシリーズ」を採用しています。
これにより、画像検査データの高速処理を可能にし、サイクルタイムの大幅な短縮化を達成しました。
当社は、常にお客様のご要望にお応えできるよう、最新技術、最新機器の知識習得を積極的に行い、技術力ならびに提案力の向上を目指しています。

印刷ページ

▲このページのトップへ