事例紹介

事例紹介一覧へ

機械設計製作・重量プラント移設・輸送の一貫サービス - 製造ライン移設も1社で対応可能。丸栄運輸機工ならではの総合力でお客様の要望にも臨機応変に応える。

工場移転にともなう、製造ラインの移設

■移設内容
既存工場から新工場へ、約200台の精密機械の移設
1ラインにつき既存機械10~20台を移設。順次稼動し、生産を極力とめないよう配慮
■工期
約8ヶ月間(お客様の生産計画に合わせて、工事期間を調整)
■主なサービス内容
プラント・機械・重量物据付サービス・一般輸送サービス
  • 精密機械輸送
  • 工場内レイアウト
  • ロボット仕様の自動化ライン据付
  • 機械電気分解・据付・レベル調整・真出し調整・精度調整
機械設計製作
  • 新規製作機械・真円度1.5ミクロンの精度が要求される自動車部品の加工機(設計・加工(キサゲ仕上げ等)・組立 ほか)
  • チップコンベアの設計・製作・据付(集中クーラントおよび分散処理対応)
  • ロボット仕様の自動化ライン製作
  • 既存機械は必要に応じて、機能を追加

★移設から、さらなる効率アップの提案まで

移設から、さらなる効率アップの提案まで

「既存工場から新工場へ」

13の製造ラインの移設は、まず、綿密な打ち合せから始まった。どのラインから移設し、復元状態をどうするか、修正は必要ないか…。あらゆる状況を想定し、スケジュールを詰めていく。そこで出てきた課題が、新工場での切粉・切削油処理ラインの問題。既存工場では床に処理用の溝があったが、新工場ではそれが不可能。この対応のため、新たな機械を設計・製造することになった。

■担当者コメント
製造過程で発生する切粉・切削油等を処理するため、新規にチップコンベアを設計・製作し、移設にあわせて製造ラインに組込みました。作業環境が変わっても、従来以上の作業効率が実現できるよう提案できるのも、機械設計製作まで対応可能だからこそです。

    
     

★窓口がひとつのわかりやすさで、移転のロスを極力排除

窓口がひとつのわかりやすさで、移転のロスを極力排除

移設の最初の工程は、機械の測定・分解作業。あらゆる数値を参考に、新工場での復元状態を確認する。お客様からは、この機会に既存ラインを見直したいという要望も次々に出てくる。1つの製造ラインに10~20台の精密機械が並び、機械メーカーもまちまちだが、その全てに対応。既存機械のオーバーホールも同時に行うことになる。

■担当者コメント
それまで使用していた機械ですから、やはり断線や配管の劣化などの不備が出てきます。従来どおりに復元するには修理も必要。部品が無いときには、イチから作ることもあります。こうした対応も、機械メーカーまで戻す必要がないので、納期の変更はほとんどありません。

★お客様のニーズに素早く対応するフットワーク

お客様のニーズに素早く対応するフットワーク

移転にともない、お客様から約200台の精密機械をすべて塗装しなおしたいという要望が出された。新工場移転にあわせてシンボルカラーで統一し、社内のモチベーションを高めたいとのこと。そこで移設工程の中に塗装を組み込み、既存工場→塗装工場→新工場へ、スムーズな移設を可能にした。

■担当者コメント
さすがに塗装までは自社では行えませんが、当社が窓口となり、スケジュール管理も行うことで、移設の工程に影響を与えることなく全塗装を可能にしました。機械の分解、輸送、据付まで一貫して行えるからこそ、臨機応変な対応も可能になります。

★互いの作業をバックアップし、工程管理も確実に

互いの作業をバックアップし、工程管理も確実に

機械の分解と同時並行で、積み込み作業へ。すぐ隣に稼動中のラインがある中で、振動を与えないよう細心の注意をはらって作業を進める。精密機械を扱うだけに、振動対策は輸送の際にも重要なポイント。重心の高いものはローリングを起こすこともあり、梱包・積込・走行など、基本的な技術の差が輸送後に大きな差となってあらわれる。

■担当者コメント
輸送中に精密機械の不具合が発生することもあり、輸送のプロとして最も気を配るところ。その点、当社を指名してくださるメーカーもあり、信頼を裏切らないよう日々技術を磨いています。

新工場への移設、組立、調整へ。数トン単位の精密機械をミリ単位の正確さで配置していく。運びこまれた機械は、すぐに組立・調整作業へ。一貫サービスならではの確実な工程管理で無事、納期内で作業を完了した。

印刷ページ

▲このページのトップへ